人気ブログランキング |

橋下氏の「拙速選挙」で、失敗を教訓にできるか(総選挙の予想)

2012/12/10
『橋下氏の「拙速選挙」で、失敗を教訓にできるか(総選挙の予想)』

 総選挙も前半が終わり、マスコミの世論調査では、「自民党が単独過半数を占めそう」なんて報道もあります。
 政党が10以上もあって、いわゆる「第三極」と言われる政党が、急造の中途半端な態勢での選挙です。さらに、これによって有権者も投票する先が分からず、投票に参加しないことも、自民などの「組織力のある政党」が優位な様子です。
 安倍総裁は、もう首相気分の言動になってます。

 お金だけはたんまりありそうな民主党は、選挙CMを製作したのですが..。あの野田代表の超アップ映像などを見ていると、丸々と肥えた狸のようで、ストレス太りが心配な感じです。思わず、メガネをかけさせたら、亡くなった金正日氏に似てそうで、非常に気持ち悪い印象しか残りません。

 今回の話題である第三極の政党では、石原代表と橋下代表代行の「日本維新の会」ですけど..。

 私の大阪の各選挙区での「日本維新の会」の候補者を見ていると..。これはもう「若いだけが取り柄の世間知らずの子供」です。思わず「当選させたくない」「頼むから落選してくれ」って、心の中で叫んでしまいそうな連中ばっかり。
 「拙速を貴ぶ」とは言われますが、こと国政を担当するわけですから、こんな連中を候補者にするのはダメでしょう。残念ながら大阪での「日本維新の会」の候補者は、全員落選してもらいたい気分です。

 そもそも、大阪維新の会の橋下人気も、関西くらいです。ところが、連勝した選挙によって、橋下氏は、自身の選挙戦術に自信過剰に陥ったのかも知れません。
 今回の橋下氏の作戦は、「関東で知名度がある石原氏を担いで代表にして、東西首都圏での選挙にすれば勝てる」なんて踏んだような印象ですが..。候補者たちがあの程度では、ちょっとこの作戦は失敗に終わりそうな予感です。

 本来なら、「大阪維新の会」の国政への進出は、急ぐ必要はなかったでしょう。ところが、橋下氏の拙速振りを見ていると、成功した自身の選挙結果のために、かなり自信過剰になり、調子に乗って「一気に国政制覇」なんて妄想に取りつかれた感じです。

 今回の時期の選挙なら、国政は「みんなの党」の躍進を目指して、候補者を出したいのなら「みんなの党」から出す、そういう「支援作戦」の方が良かった感じです。
 さらに、自民党への関与も、可能性として残しておく立場の方が都合良かった。「大阪都構想」の実現のためには、自民党との対立は、ちょっと早すぎる感じです。

 まだ今回の橋下作戦が失敗したとは言えませんが、街頭演説でのちょっと迫力不足の内容からすると、ご自身も、現在の情勢では「完全に失敗気味」と自覚しているのでは?
 仮に失敗だとして、この失敗を糧に、橋下氏が国政へはもっと別の作戦とシナリオを立てるべきでしょう。今回の対応は、時間を無駄にしているようにも見える。若さゆえの「暴走」だった、と反省してもらう。

 何十年間もの長きに渡って、脈々と生き残ってきた官僚組織ですから、それに対抗するための組織づくりは、そんな拙速にできるわけがない。

<以上、私個人の見解です>
by raccoblog | 2012-12-10 07:47 | 話題にひと言