人気ブログランキング |
2012/11/27
『止めて廃炉にしても問題ある原発施設(嘉田新党の噂)』

 原発反対のみの論点で(その他の課題はバラバラのままで)、集まって新党をつくろうという噂があるようです。その新党の党首が滋賀県の嘉田知事らしい。
 さらに、その裏で、いままで余り表に出てこなかった小沢一郎氏や亀井静香氏の動きがあるとの報道もあり、ちょっと胡散臭いニュースです。

 嘉田知事については、関西にいる私にすると、「へこたれない打たれ強いおばさん」「変なオッサン議員の脅しにも屈しない」印象です。
 そして、滋賀県という位置と環境から、福井県の原発施設の存在と稼働の状況は、「絶対に早期の稼働中止と廃炉」を第一の課題としていて、その課題の実現にはかなりの思いがあるでしょう。
 国政がその実権を握っているために、嘉田さんとしては、満足できる公約をする政党がないために、不安もあるのかも知れません。

 そのような嘉田知事が主張する「卒原発」の実現への強い思いに対して、現状の不安と不満を理由に集まるグループや政党があるとしたら、それは橋下市長が指摘するような「市民運動」に近いもので、国政を握る政党の是非を問う場合は、ちょっと不安な感じです。
 国政を担う政党であるならば、原発問題だけではなく、政党としての存在意義とか憲法解釈と共に、選択肢を示してもらう必要がありそうです。その国政を担う政党ではなさそうですから、単なる市民運動グループに過ぎない感じです。
 結局は、この原発だけのテーマは、国政を担う政党を選択する選挙ではなく、国民投票のテーマに近いものでしょう。

 余談ですが、「ちょっと強気の女性政治家の発言には、手こずりそうな感じの橋下氏」なので、このような女性政治家の登場は、日本維新の会への対抗勢力として、マスコミは魅力的に映るかも知れません。

 その一方で、嘉田知事の思いを利用して、嘉田さんを担いで総選挙に出て、票を集めようとする裏の動きもありそうです。これが上手いのが、小沢一郎氏や亀井静香氏でしょう。
 彼らへの応対は、嘉田知事に合流しようとする他の少数政党にすれば、世論を気にして慎重になりそうです。正直言って、迷惑な存在に近いのに、「政治は数、数は力、力は金」の理論を意識すると気になる存在になるようです。

 ちなみに、私の原発問題の意見を言わせてもらうと..。

 まず大前提として「原発施設は危険である」ということが出発点です。それを、危険なモノなのに、あえて「安全だ」と国民に嘘をついて騙したい勢力(利害関係者)が存在するからでしょう。
 その実態と利害関係者をちゃんと公表した上で、現時点の人類の技術では、原発を仮に停止しても、すぐに廃炉にすることは不可能です。停止しても、実態としての危険性は大きく変わらないでしょう。
 そんなモノが今現在、存在しているのですから、これも後戻りできない現実です。

 最終的には、「危険をどこまで覚悟して、廃炉にしていくか」ということを、政権政党が国民に提示できるか否かだけのようです。そしてこれは、カスばかりの国会議員たちでは決められないので、数年ごとの国民投票での「YESかNOか」の判断で決めるテーマでしょう。科学と技術の進歩もあるでしょうから、数年毎に国民投票を続けるテーマだと思います。

<以上、私個人の見解です>
# by raccoblog | 2012-11-27 09:12 | 話題にひと言
2012/11/25
『(猫な投資話:第180回)政府の経済政策と市場の専門家の発言の影響』

 「安倍相場」と言われる安倍自民党総裁の発言で、円安が始まり、日本の株式市場も上昇しているわけですが..。
 安倍さんは自信満々の様子ですが、いわゆる経済の専門家の方々の中には、それほど歓迎される状況ではなく、すぐにボロがでて、再び逆戻りする可能性を感じている人たちもおられるようです。

 日本の株式市場は数年前の7000円台の暴落から、少し上昇しては下落する、ことの繰り返しです。特に、政府が何かやったとしても、逆に何もやらなくても、ほとんど関係なさそうです。

 政府のバラマキは直後に「反応(成果とは呼べない)」はあっても、ほとんど成果につながらない。政府はその度に、「バラマキをやらなければ、もっとひどいことになっていた」と弁解するだけです。

 政府が選んだ政策の結果は、いつも「浪費(借金の増加)と無駄(新たな浪費先が増える)だけ」ってことの繰り返しでした。

 一方で、市場の専門家と言われる発言ですが..。

 いつも年度の初めごろには、経済番組でもよく登場する著名な証券関係者の中には、毎年「今年は日本の株式市場は上昇する」「米国と比べて割安で放置されている」と分析されている方もいます。証券の売り手側の主張ですから、それも当然ですが..。
 ただ必ずその言葉の前に、「昨年も同じことを言いましたが、実現しませんでした。その理由は..」なんて、去年の発言の弁解や口実や言い訳をとりつくろう姿があります。

 こういうのに限って、もし仮にたまたま予言が当たって上昇した場合は大変です。
 自身も自慢することになり、マスコミでも「株価上昇を言い当てた専門家」なんて風に紹介されるのかも知れません。今回以外は、毎回外れていた事実も同時に紹介するべきでしょう。

 ただ、マスコミが取り扱うインパクトある対象は、全く逆の「大暴落」とか「未曽有の危機」なんて事態の予言者の方になります。ですから、常に「日本が沈没する」みたいな脅迫めいた予言を話す人の方が、話題にしたがる傾向があります。
 こちらも、たまたま当たったような事態が発生すると、マスコミが大変です。

 そんな騒音に振り回されず、企業の成長を期待する個人投資家とすれば、普段は企業自体をコツコツ調べて、売買は市場を眺めてやるのが良さそうな感じです。

<以上、私個人の見解ですので、投資の際はご自身の判断で行ってください>
# by raccoblog | 2012-11-25 08:29 | ■猫な投資話